信用情報とカードローンの申し込み

  • 投稿日:
  • by

クレジットカードを持っている人は、普段何気なくカードを使って買い物をしていると思います。中にはうっかり引き落とし口座にお金を入れておくのを忘れてしまい、残高不足で引き落としができなかった経験を持っている人もいるかもしれません。ですが、この「うっかり」が後々のカードローンの審査に影響を与えてしまう可能性もあります。
カードローンの審査では、過去の金融商品の利用履歴が参照されます。この情報は信用情報機関というところに保管されていて、カードローンの審査の際に各カードローン会社が取りだすことができるのです。もしもここでクレジットカードの引き落とし事故情報が見つかると、カードローンの審査に通過することが難しくなってしまうかもしれません。
信用情報が保管されている期間は決まっています。事故情報の内容によって保管期間には違いがありますが、クレジットカードの引き落とし事故なら2年で情報が消えるはずです。もしも過去にうっかり引き落とし事故を起こしてしまっているなら、2年以上経過してからカードローンに申し込んだ方が安心ということになります。

プロミス審査⇒通過する条件とは?